相談所を利用する

結婚相談所はどうして誕生した

日本には結婚の仲立ちをする媒酌人という人がいます。仲人とも言いますが、この仲人が生まれたのが鎌倉時代初期とされており、戦で夫を失った女性に男性を紹介するという目的のために誕生しました。 お見合いという形が一般化してきたのは江戸時代中期から、仲人が茶屋などでお見合いのセッティングをし、この頃は結婚媒介をする場を肝煎所と呼んでいます。 現在の結婚相談所のはじまりは明治13年です。 当時は幕末で若い男性が減り都市に人口が流入したことを受けて、血縁や地縁で相手をさがすことが都会・田舎に関わらず難しくなっていました。そこで結婚相談所が大盛況となったようです。 結婚相談所は少子高齢化や晩婚の今だからこそ増えたというような印象がありますが、実際はかなり古くから存在する業者なのです。

変わりゆく相談所システム

結婚相談所自体は意外にも古くから存在していますが、そのシステムは時代とともに大きく変わってきています。 現在はインターネットに個人情報を登録して、同じように登録した異性の情報からコンピューターがマッチングして相手を紹介してくれるというシステムが主流になっています。ただ、このシステムも始まったのは昭和40年後半頃からで、最近始まったサービスというわけではありません。 もちろん従来の、仲人が間に入り対面で男女を紹介するお見合いシステムを取っている結婚相談所も数多くあります。 2008年から続く婚活ブームの影響により知名度が広まった結婚相談所ですが、これからは昔に比べて、より便利に使いやすく、応えられるニーズも多くなっていくでしょう。

PAGE TOP